• ホーム
  • 糖質制限ダイエットの正しいやり方

糖質制限ダイエットの正しいやり方

糖質制限ダイエットは比較的短い期間で無理なく効率的に痩せることができるダイエット方法として近年人気を誇っています。
しかし、このダイエット方法は正しいやり方を実践すれば効果的に痩せることができるという利点がある一方で誤ったやり方をしてしまうと思うように痩せないという難点があります。
糖質制限ダイエットの正しいやり方や糖質制限ダイエットでどうして痩せるのかのメカニズムについて確認していくとともに誤ったやり方をしてしまうとどうして痩せないのかについて解説していきます。

そもそも人間のエネルギー源として欠かすことができない糖質ですが、人間が糖質を摂取すると血液中のブドウ糖の量が増加し、それによって血糖値が上昇する仕組みとなっています。
血糖値が上昇すると今度はそれを下げるためにインスリンが分泌されインスリンは血糖値が正常な値に下がるまでブドウ糖を身体に送り続けるという働きをします。
身体中に送られたブドウ糖はエネルギーとして体を動かす源になるのですが、ブドウ糖を消費しきれなかった場合にはブドウ糖は体内に蓄えられる性質があるのです。

糖質制限ダイエットは摂取する糖質の量をコントロールすることと、食事をした際の急激な血糖値の上昇を抑えることから成り立つダイエット方法です。
ダイエットをしてもなかなか痩せないという場合に主に摂取する糖質の量のコントロールができていないという点に原因があると考えられます。
なお糖質制限ダイエットで陥りやすい誤ったやり方の代表例は糖質が多く含まれている炭水化物を一切食べないというやり方や一日の食事の回数を減らすというやり方が挙げられます。
炭水化物を全く摂取しない活動ができなくなってしまいますし、食事の回数を減らすと急激に血糖値が上昇する原因となります。

糖質制限ダイエットの正しいやり方は、一日三食をきちんと食べ、尚且つ摂取する糖質の量を徐々に減らしていくこと、そして食後の血糖値の上昇を抑えるために野菜を多く食べることが大切になります。

糖質制限ダイエットで痩せない原因

ただこれらのことをしても糖質制限ダイエットで痩せない原因は、正しい方法ではなく何かしらの原因があることを自覚するべきです。
一番引っかかるのが食べる量であり、糖質制限は肉や野菜をたくさん食べて穀物などの糖質をとらない方法です。
ただ、どの食材にもカロリーは存在するので量を食べ過ぎれば痩せない体になってしまいます。
それ以外で糖質制限ダイエットが失敗するのはインスリンのコントロールが出来なくなり始めていることです。

インスリンは膵臓から分泌される液体で、これが血管内をめぐって糖質を消化を促す物質です。
インスリンは正常であれば体にとって良いものなのですが、これがダイエット失敗の引き金になるだけでなく健康を害する元にもなります。
実は糖質制限ダイエットを正しい方法で行っても、本来糖質を摂取してインスリンのバランスをとっていたのが崩れると血糖値が急激に上がります。
血糖値が急激に変化するとインスリンはバランスをとろうと、脳からの指令を受けて過剰に分泌します。

インスリンは別名、肥満酵素といわれているので、これが過剰に分泌されればまったく痩せない体になるというわけです。
量を制限して正しい糖質制限ダイエットを行ってもやせない場合には、このインスリンが原因なので対策を講じる必要があります。
まず糖質をとってはいけないダイエットですが、この段階に入ったら糖質をとります。
ただ大量に摂取すると反動が来てリバウンドしてしまうため、朝の朝食にご飯半量を摂取するか薬局ですぐにブドウ糖に変換する糖質が販売されているので活用します。
さらに落ちた代謝では痩せないので、しっかりと体を動かしてを10分以上を目安に行なって代謝を維持することで解決します。