• ホーム
  • 食事していないのに太るのはむくみが原因

食事していないのに太るのはむくみが原因

たくさん食事を食べたわけでもないのに体重が重い時があります。
それは体の中に余分な水分を溜めこんでいるために普段よりも体重が重くなる事があります。
それをむくみというのですが、見た目も普段よりも丸みを帯びて膨張して見えるため太ったように見えてしまうのです。

人間の体の約60%は水で出来ていますし、地球には重力がかかっているために体の水分も下に下にさがろうとします。
朝よりも夕方の方が足がむくんで靴がきつく感じるのはそのためです。
お仕事柄、長時間立ち仕事であったり、ずっと座りっぱなしで同じ姿勢を取り続けている人は血液循環が悪くなる為にむくみを生じやすくなります。

女性の大敵ともいえる冷え性も血液の流れが悪くなるためむくみが起こりやすいです。
血液の流れが悪いとリンパの流れも悪くなり、いらなくなった水分や毒素を排出せずに体の中にため込んでしまうので、その分太るのです。
ですから、血液の流れをよくするために、休憩時間に軽いストレッチを行うと凝りがほぐれ血液循環が良くなります。
鎖骨や脇、ひざ裏にはリンパ節があり老廃物を流すゴミ箱の役目があります。
その部分をほぐしてあげると、リンパの流れがスムーズになってゆき、老廃物が流れていくのでむくみも軽減されます。

また、塩分の取りすぎは血液中にたくさん水分を含む事になり結果むくみやすい体になってしまうので、普段の食事でも塩分控えめの薄味に気を付けてゆくと良いです。
冷たい飲み物も体を冷やすことになるので、夏でも温かい飲み物の方がむくみを軽減させることが出来るでしょう。
アルコールの摂取も血管が膨張してしまい、血管の壁が水分を通しやすくなり、血管の壁の穴から水分が出てむくみが起こります。

むくみがなかなか取れなかったり、低反発のように指で押した跡がしっかりとれない場合は病気が隠されている場合もあるので注意が必要です。
改善方法として適度に体を動かすと血液循環が良くなりむくみも軽減できます。
ストレス発散にもなり自律神経も整えられる効果もあるのです。

むくみが続いているのは病気かも・・・

むくみが出ていると食事を食べすぎたわけでもないのに太って見えてしまうので損だと感じる人が多いでしょう。
塩分の取りすぎや冷え性などが原因でむくみが起こることは多いですが、あまりにも毎日のようにむくみが続いている場合は病気が原因となっていることもありますから、医師に相談することをおすすめします。

慢性的なむくみを引き起こす原因になる病気としては、腎臓病が挙げられます。
腎臓の機能が低下していると身体がむくむことがよくありますが、その特徴としてはむくんでいる部分が左右対称にあらわれていることになりますので注意して見てみましょう。
腎臓病が原因となって身体がむくむ時には、体内に余分な水分が溜まってしまい2~3kgほど太ることがあります。
もしも体重が5kgほど増えるほどひどいむくみが出ている場合にはかなりの重症ですから、早急に病院に行くことが必要です。

むくみが症状としてあらわれる病気には、心不全のような心臓の病気も挙げられます。
足や顔にむくみが続く時には心臓の機能が低下してしまい、充分な量の血液を送り出せなくなって血液循環が悪くなっている可能性があります。
同時に息切れや仰向けに寝た時に咳が出るなどの症状もあるなら心臓の不調を疑って病院を受診すると良いでしょう。

それ以外にも、足にむくみが続いている場合は足の静脈に異常が起こったことによって発症する下肢静脈瘤という病気が原因になっていることもよくあります。
下肢静脈瘤が原因なら、足がむくむのに加えて足の血管がコブのように浮き出てくるといった症状が特徴になるため、この病気の専門病院などを受診するのがおすすめです。

慢性的なむくみがあると足や顔が太って見えたり、靴が履きにくくなるといった不都合なことが起こります。
生活習慣が原因で起こっているのならまだ良いですが、危険な病気になっていることが原因のむくみも考えられますので、おかしいと思った時は早めに内科などで診察を受けてみましょう。