• ホーム
  • 12時間ダイエット方法の正しいやり方

12時間ダイエット方法の正しいやり方

食事制限しているわけでもないのに痩せられるという12時間ダイエットの正しい方法を知っていますか。
12時間以内にすべての食事を済ませないといけないダイエットです。
朝7時に朝食を食べたのならば、夜7時までに夕食を食べ終えなくてはなりません。

12時間何も食べないことがポイントです。
ただし、夕食は少なめにして朝食と昼食を多めに食べてください。
おやつも食べられますが、200kcal以内に抑えましょう。
オーバーした分は夕食から引きます。
1日のスケジュールを考えた上で朝食の時間を決めましょう。
12時間後までに夕食を食べ終えられる時間に朝食を食べないといけないからです。

注意点は12時間ダイエットは食べるものが決まっているわけではありませんが、油っこいものはなるべく夕食では食べないほうが良いです。
また、ダイエットを成功させたいからと言って食事量やカロリーを抑えすぎないようにしてください。
食事量やカロリーが少なすぎると食後の血糖値が上がりやすくなるので、しっかりと食事しましょう。

12時間何も食べないとかなりお腹が空きます。
特に、夕食は量を少なくしているので、最初のうちはつらく感じるでしょう。
そういう時は、歩くことで空腹を解消してください。
我慢できなくて食事するのはやめましょう。
これでは12時間ダイエットではなくなってしまうからです。

好きな時間に食事できませんが、12時間胃腸を休ませられ、食欲が正常な状態になります。
また、朝食をしっかりと食べることで血糖値の乱れも防げるので適度な量の食事ができるようになります。

制約があるために大変そうに見えるかもしれませんが、12時間以内にしか食べられないことで、太りやすい時間帯に食べなくて済みます。
夜中にお腹が空いて何か食べてしまうようなこともなくなるでしょう。
食べたいものが食べられないわけではないですし、食欲をうまくコントロールできるのでチャレンジすると良いかもしれません。

ダイエットで空腹を紛らわす方法

12時間以内に全ての食事を済ませるダイエットなので、1日のスケジュールに合わせて時間がくれば食べたいものが食べられます。
次の食事の時間まで耐えればよいのですが、結果が出ないとつい悪い方へ考えがちです。
特に夕食前と深夜は食べ物への誘惑が多い時間帯です。
適量の間食は問題ありませんが、暴飲暴食へのきっかけとなる可能性があります。
食べてはいけない時間帯にどうしても食べたくなってしまった時の対処方法についてあらかじめ準備しておく事が必要です。

まず簡単な方法としておすすめなのが歩くことです。
血糖値が上がって空腹を紛らわしてくれます。
その他には香りを利用するのも効果的です。
アロマテラピーで利用されるペパーミントやグレープフルーツ、オリーブオイルを成分とする精油の香りで食欲を抑制させる効果が得られます。
満腹中枢を刺する炭酸水等の飲み物で紛らわせる事もできますが、量が多いと逆効果になります。

そしてストレス耐性が低下している人の中には、食べる事で解消させようとする人がいます。
日頃からストレスを溜めない事が大切ですが、思い切って寝てしまうのも良い方法です。
ストレスで疲弊した脳がリセットされ、気持ち良く目覚める事ができます。

注意点としては、食べない時間を12時間以上空けない様にする事です。
空腹状態が長く続き過ぎると基礎代謝が下がってしまうからです。
12時間ダイエットは正しい方法である程度継続すれば、誰でも結果を得る事ができる方法です。
費用がかからない上に理想的な痩身を安全に獲得する事が期待できます。
リバウンドをくり返して何度もダイエットを挫折した経験がある人は12時間ダイエットを試してみるのはいかがでしょうか。

サイト内検索
人気記事一覧